適したドッグフード

犬の場合、食事でアレルギーが起きている場合も、多くあることがわかっています。そのことから、自分の飼っている犬は大丈夫なのか、今一度見てあげることが大切ですね。そしてその症状として、疑わしい場合は、受診をしてアレルゲンを知りましょう。

そして大事なことは、アレルゲンがないドッグフードを与えてあげることです。ドッグフードは、いろいろな種類があります。その中でも、アレルギーを起こしにくいドッグフードがあるのです。アレルギーを起こしやすいのは、肉類、穀類です。肉類の場合は、その肉で起きているのか知って、別の肉に変えてあげることが大切です。例えば牛肉で起きている場合には、鶏肉に変更します。肉類全般に反応してしまうようでしたら、魚を中心としたドッグフードに変えましょう。

そしてアレルギーが出現しやすいのは、トウモロコシ・小麦・大麦などの穀類です。穀類はアレルギーだけでなく、消化器官の異常を引き起こす場合もあります。ドッグフードの中には、穀物不使用のものもありますので、そのドッグフードに変えることによって、予防することが出来ます。

犬の場合は、アレルギーがわかりにくいです。しかし、そのアレルギーを見落としてしまうと、元気がなくなったり、食事を食べなくなることもあります。そのため、アレルギーがないかよくみて、予防をしてあげることが大事と言えます。

アレルギーの症状・原因

犬の場合は、アレルギーを起こした時、それぞれの原因によって症状があります。その原因として、ホコリやダニなどがあります。その場合、部屋の掃除をこまめにおこなうことが大事ですね。犬の毛が抜けやすい、毛がなかなか生えてこない等見られる場合は、そのことを心配します。

また、生まれつきアトピー性皮膚炎の犬もいます。その犬の場合は、とても痒がります。部屋のホコリやダニが原因で、より症状が悪化します。痒がるのは、とてもかわいそうですね。そのため、できるだけ早く原因と治療をしてあげることが大切です。

そして人と同じように食品によっても起こすことがあります。人の場合もそうですが、同じ食事を続けることによって、アレルギーがひどくなります。そのことは、特に犬に当てはまります。犬は、同じドッグフードを食べることが多くなりますね。その結果、ドッグフードアレルギーを起こしやすくなるということなのです。しかし、変えるということも、勇気がいる事ですね。そのため、ドッグフードに関してもアレルギーがあることを、慎重に観察をして見極めることが必要となります。

アレルギーは、その診察を受けることによって、何で起きているのか知ることができます。そのため、心配な症状がある時には獣医院を受診させましょう。

犬にもアレルギーがある

アレルギーというと、人間が起こすものという印象があります。そしてそのことについて、アレルギーをなくす工夫がなされています。器具を使ったり、食事について制限したりすることがされていますね。ところが、そのアレルギーを起こすというのは、人間に限った事ではないのです。それは犬にもアレルギー反応が出る事があるということです。

それは、人間と同じように、人によっては全く感じないということがあるように、全ての犬に起きてしまうということではありません。そのため、人と同じようにアレルギーを起こしてしまう犬がいるということなのです。人の場合は、そのことについて症状がわかりやすかったりするので、対処をしやすいですね。ところがその反対に、犬の場合はよくあることでありながら、その症状がわかりにくいことがあります。

例えば、犬のアレルギーの場合は、一つとして人間と同じようにダニやホコリ等、環境によって起きることが挙げられます。また食品によっても起きることがあります。そのため、それらについて心配をすることがあったら、獣医に相談することが大事です。その症状としては、痒がる、赤みが出る、毛が抜けてしまう等があります。食品で出現する場合は、嘔吐等を起こすこともありますね。そんなふうに、人と同じような症状が見られるのです。

そのため、そのアレルギーが何で起きているのか知って、改善をしてあげることが飼い主の努めとなりますね。大切な犬を、アレルギーから守ってあげましょう。